特定健診等の実施計画

 2018年度から第3期特定健康診査等実施計画が開始されました。
詳細は「第3期特定健康診査等実施計画」を参照ください。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)に着目した健康状態を診査する目的で行われるものであり、生活習慣病の予防を目的としています。健診結果に基づき、生活習慣病のリスクのある人には別途保健指導を行います。

1. 各事業所で行われる一般健康診断(安衛法)と同時に、健康保険法で定められた特定健診項目と、それに加えてアルバック健保が推奨する成人病検診項目を合わせて実施します。
2. 健診結果データは、健診機関から本人・事業所・健保に送られ、健保にて厳重に保管されます。(参考:「アルバック健保個人情報保護方針」)
1. 健保主催(健診自体は委託)で家族健診(施設型健診と巡回レディース健診)を実施し、被保険者と同様の検診項目を実施します。受診の案内は、次の方法で行います。
 @ダイレクトメール(健診案内、未受診者への受診勧奨)
 Aホームページ(方針説明など健保からのお知らせ)
2. 受診された方には、インセンティブとして商品券等を贈呈します。
3. 健診結果データは、健診機関から本人・健保に送られ、健保にて厳重に保管されます。(参考:「アルバック健保個人情報保護方針」)
4. パートなどの勤務先で受診された方については、健診結果を健保宛に送って頂くことで、上記と同様に、健保にて厳重に保管されます。
1. 特定健診受診率に関して
特定健診受診率90%以上維持を目指します。
2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
全対象者 4,270 4,431 4,599 4,773 4,954
受診者 3,439 3,712 4,000 4,305 4,468
受診率 80.6% 83.8% 87.0% 90.2% 90.2%
被保険者 2,899 3,009 3,122 3,241 3,363
受診者 2,754 2,858 2,966 3,079 3,195
受診率 95.0% 95.0% 95.0% 95.0% 95.0%
被扶養者 1,371 1,423 1,477 1,533 1,591
受診者 686 854 1,034 1,226 1,273
受診率 50.0% 60.0% 70.0% 80.0% 80.0%

 生活習慣病のリスクのある対象者に対し、保健師、管理栄養士等が介入し、生活習慣改善のためのプログラムを一緒に策定し、生活習慣病に罹患しないよう改善を目指します。

1. とりまとめは健保が行い、保健指導自体は外部委託して実施します。
2. 対象者は、「特定健康診査・特定保健指導の円滑な実施に向けた手引き」(厚労省)で定められた、40歳〜74歳の脂質異常、糖尿病、高血圧のリスクが高い人全員です。
3. 特定保健指導の結果は、健保にて厳重に保管されます。(参考:「アルバック健保個人情報保護方針」)
1. 特定保健指導実施率80%以上維持を目指します。
2. メタボリックシンドロームの該当者・予備群の減少率は2022年度までに2008年度より25%削減することを目標とします。
2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
全対象者 769 709 644 573 495
受診者 615 567 515 458 396
受診率 80.0% 80.0% 80.0% 80.0% 80.0%
被保険者 306 282 256 228 197
受診者 244 226 205 182 158
受診率 80.0% 80.0% 80.0% 80.0% 80.0%
被扶養者 495 456 414 369 319
受診者 396 365 331 295 255
受診率 80.0% 80.0% 80.0% 80.0% 80.0%

 特定健診・特定保健指導の実施に当っては、アルバック健康保険組合の個人情報保護方針に沿って、被保険者とその家族の個人情報を安全に保管し、適正に取扱うことといたします。また、外部委託する場合など、個人情報保護の漏洩には万全を期すものとします。
(参考:「アルバック健保個人情報保護方針」)

このページの先頭へ
Copyright©2001-2007 ULVAC,Inc. All rights reserved.